ムーヴの鍵を紛失!スペアキーがない場合の対処法と作成にかかる費用は?

お役立ち記事
 

ムーヴの鍵を紛失した!スペアもない!

車をすぐに使いたい!どうすれば?

スマートキーでも復旧できるの?

業者に依頼すると費用はいくらかかる?

ダイハツのムーヴといっても年式や型式によって鍵は様々です。

鍵の種類によって作成にかかる時間や費用も異なります。

この記事では、

▶︎ムーヴの鍵の種類

▶︎ムーヴの鍵を全て紛失した時の対処法

▶︎作成にかかる費用

▶︎依頼すべき業者

などを詳しく解説していますので是非参考にしてみてください!

今すぐ車を使いたい場合は▼

ムーヴの鍵はイモビライザーの有無によって大きく異なる

ムーヴはエンジンを始動する際の鍵によって大きく分けると3種類に分かれます。

鍵式(鍵をさして回すタイプ)

タント 鍵式

イモビライザーは搭載されておらず、通常の金属の鍵でエンジンが始動できます。

鍵を全て紛失している場合でも、スペアキーの作成が比較的簡単にできます。

ツイストノブ(鍵はさしこまずツマミを回すタイプ)

イモビライザーが搭載されており、エンジンの始動は電子信号で制御されています。金属製のみの鍵をさしてもツマミは回らずエンジンの始動はできません。

お車のコンピュータに電子チップを登録する事でエンジンが始動できるようになります。

費用を抑えたい場合はスマートキーではなく鍵式(鍵をさしこんで回す)での登録も可能です。
鍵研での実際の作業事例

車のスマートキーを紛失して、スペアキーもないとの事で作成してほしいとご依頼がありました!

エンジン始動スマートキが近くにあればツイストノブが回りエンジンがかかる
(イモビライザーあり)
鍵の形状ギザギザ鍵
作業時間60分

平成23年式のムーブコンテでツイストノブのイモビライザー搭載車です!

ムーブコンテ 鍵穴

鍵をピッキングで開けた後、コンピュータを初期化して新たなスマートキーを登録します!

無事エンジンがかかりリモコン操作も問題なく動作しました!

ムーブコンテ スマートキー

プッシュスタート(鍵はさしこまずボタンを押すタイプ)

イモビライザーが搭載されています。

エンジンを始動する鍵穴が無いことから、お車のコンピュータに新たなスマートキーを登録する事でエンジンが始動できるようになります。

 

イモビライザーってなに?

A.盗難防止システムの事で、鍵から発せられる電波や周波数が車と一致しないとエンジンが始動しないシステムです。

ムーヴの鍵を全て紛失した時の対処法

鍵がないと当然車は動かせません。

鍵を全て紛失した際の復旧の方法をご紹介します。

また、AFやロードサービスではドアの鍵の解錠や、レッカー移動は可能ですが、鍵の作成はできません!

鍵を探す!鍵が見つかる方法

まずは鍵を探しましょう!簡単に見つかるかもしれない方法をご紹介します!

ツイストノブ回す/プッシュスタートを押す

スマートキーのみ有効な手段ですが、車内や近くにスマートキーがある場合は、電波が届いているのでエンジンが始動します。

まずは試してみましょう。エンジンが始動するという事は近くにあるという事なので、徹底的に探しましょう。

スマートキーからの電波は0.5m-1mです。

ディーラーに運んで鍵を復旧する

ダイハツのディーラー様であれば、ほとんどの場合は復旧ができます。

ただ、部品の発注に数日かかります。(3日-2週間程度)

⚠️イモビライザーの登録はディーラーの工場でしか作業ができません。スマートキーの全紛失の場合は、お車をレッカーでディーラー様の工場に運ぶ必要があります。

鍵屋に依頼して鍵の作成をする

鍵屋の場合はお車まで出張して、その場で鍵の作成が可能です!(お車のレッカー移動は不要)

また、即日作成できますので、すぐにお車をお使いいただけます。

ただ、出張料金など、ディーラー様よりも割高になる場合があります。

鍵屋に依頼した場合の費用目安

鍵式(イモビなし)15,000円〜30,000円程度
鍵式(イモビライザーあり)35,000円〜40,000円程度
ツイストノブ(スマートキー)40,000円〜45,000円程度
プッシュスタート40,000円〜45,000円程度

※ツイストノブの場合は鍵にICチップを入れて登録する事も可能です。リモコンの機能はつかないですが、費用を抑えることができます。

依頼する鍵屋さんによって費用や技術は異なる!

ではどこの鍵屋さんに依頼すれば良いのでしょうか?

普段から利用する事のない鍵屋さんだからこそわからないのがあたりまえです。

ただ、依頼する鍵屋さんによって料金や技術が大きく異なります!

良心的な鍵屋さんの見分け方

ポイント①:問い合わせ時点で明確にかかる費用を言い切ってくれる

メーカー、車種、年式などの細かい情報を伝えれば詳しい鍵屋さんはかかる料金もわかるはずです。

「見てみないとわからない」や「〇〇円〜〇〇円」のような不透明な説明だと、実際に現場では想像以上の請求をされてしまう可能性があります。

ポイント②:デメリットの説明をしてくれる

スマートキーの作成はコンピュータにアクセスしてシステムをさわなければなりません。

当然データや、システムの破損のリスクもあります。

また、データの初期化によって今までの鍵が使えなくなったりする場合もあります。

事前に説明がなければ後々トラブルになる可能性があります。

まとめ

✅ムーヴの鍵は「鍵式」「ツイストノブ」「プッシュスタート」の3種類ある

✅鍵の種類によって作成の費用は異なる

✅「ツイストノブ」「プッシュスタート」はイモビライザーが搭載されている

✅イモビライザーの登録は車をディーラーまでレッカーで運ばなければいけない

鍵屋であればレッカー不要で即日作成できる

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました