鍵が固くて回りにくい!原因と正しい対処法を解説!クレ556はNG!

鍵を修理したい

鍵が固くて回りにくい!原因と正しい対処法を解説!クレ556はNG!

 

近頃、鍵の調子が悪いこのまま放置しておいたら開かなくなる?

鍵を開け閉めするのに毎回時間がかかるスムーズに開け閉めしたい

鍵の寿命ってどれくらい?交換しないとダメなのかな?

鍵に油を挿したらダメって聞いたけど何を使ったらいいの?

鍵の調子が悪くなってきたと感じた場合は早急に対処しておくことが大切です。

そのまま放置しておくと…ある日、帰って来たら鍵が開かない!仕事に行こうと思ったら鍵が閉められない!なんて事にもなりかねません。

鍵の構造って複雑でわからないからどうすればいいのかわからないと思われる方も多いと思います。下手に鍵をいじると余計に壊れてしまう場合もありますので、適切な対処をしましょう。

この記事では・・・

▶︎鍵が回りにくくなる原因

▶︎自分で簡単に出来る対処方法

▶︎鍵の寿命

▶︎交換すべきタイミング

も解説していますので、是非参考にしてみて下さい。

▶︎カードキーの場合はこちら

▶︎電子錠の場合はこちら

お急ぎの場合は▼

鍵の故障の原因と対処方法

鍵の不具合には4つの原因が考えられます。

的外れな修理では改善しない場合も多いので症状に応じて適切な修理が必要です。

鍵穴(シリンダー)が原因の場合

鍵の不具合で最も多い原因になります。

特に使用年数が長いものほど不具合は起きやすくなります。

症状:鍵は回りにくいが、サムターン(ドア内側のつまみ)はスムーズに回る
原因① : 鍵穴内部のホコリや汚れ

使用年数が長くなると自然に鍵の内部に空気中のほこりやゴミなどが溜まっていきます。

それにより、正しい鍵の部品の揃う位置がズレてしまい、鍵が引っかかる、回りにくいといった原因となります。

対処法
必要なもの:掃除機・エアダスター

鍵穴を掃除機で吸ったり、エアーダスターを吹き付けて内部のホコリを取り除きましょう。

原因② : シリンダー内部の潤滑剤が減っている

鍵の内部には鍵の動作の滑りをよくする潤滑剤が入っています。

使用年数が長くなると潤滑剤が減っていき、部品の滑りが悪くなります。

それにより、抜き差しがしにくくなったり、鍵の動作が鈍くなる原因となります。

対処法
必要なもの:鍵穴用潤滑剤・鉛筆

鍵穴に鍵穴用の潤滑剤を足しておきましょう。

鍵穴に直接スプレーすればOKです。(缶をよく振って0.5秒程度)

鍵穴には鍵穴専用の潤滑剤を使用しましょう。

クレ556の様な油系統の物は使ってはいけません。(故障の原因になります)

▶︎鍵穴用潤滑剤

潤滑剤の代わりに鉛筆でも効果があります。鉛筆の黒鉛には金属の滑りを良くする効果があります。鍵の溝に鉛筆を塗って、何度か抜き差しをしてみましょう。

なんで油はダメなの?

A.油は鍵穴内に付着して乾きません。よってホコリやゴミを吸収しやすくなり、余計に溜まりやすくなります。
原因③:シリンダーの経年劣化による金属の摩耗や内部の部品が歪んでいる

鍵を抜き差しすることにより、内部の部品が摩擦により削られて擦り減っていることや、経年劣化により部品の形が歪んでしまっていることから、鍵が回る正しい位置に揃わなくなることにより、鍵が引っかかる、回りにくいといった原因となります。

対処法

すり減った金属や歪んだ部品を修理する事は困難です。

基本的には、鍵の交換が必要となります。

別の鍵になるのはNGという方は内部部品だけを交換するという手段もあります。技術を要するので鍵屋に依頼しましょう

錠ケースが原因の場合

シリンダーではなく、錠ケースに原因があります。この場合はシリンダーをいくら修理しても、改善しません。

錠ケース内部にホコリやゴミが溜まっているのと、潤滑剤が減っている事で内部の部品が動きにくくなっているのが原因です。

症状:鍵が回りにくく、サムターンも回りにくい
対処法
必要なもの:ドライバーセット・エアダスター・クレ556

錠ケースを取り出して、錠ケース本体の隙間から内部にエアダスターを吹き付けしてゴミや埃を除去します。

掃除した後、潤滑剤を足しておきましょう。

(クレ556のような油成分でOK)

錠ケースの取り外し方がわからない方は、鍵の交換方法

ドアの建て付けが原因の場合

扉の建て付けや、気圧によってデッドボルトがストライク(デッドボルトが収まる穴)に干渉している可能性が考えられます。

症状:鍵が回りにくいが、ドアを開けた状態だとスムーズに回る
鍵の種類によっては、ドアを開けた状態では鍵やサムターンが回らないタイプがあります。
トリガーを指で押さえながら回してみましょう。
対処法
必要なもの:ドライバーセット・鉄鋼ヤスリ・蝶番おこし

ストライクの位置を調整します。

ストライクを固定しているネジを緩めると、位置調整ができます。

ネジを緩めすぎるとストライクが外れて穴の中に落ちてしまう恐れがあるので注意しましょう。
位置の調整が難しい場合は、やすりなどで削って広げるか、蝶番を調整してドアの歪みを直せば改善します。
また、引き違い戸の場合は、鍵本体の取り付け位置を調整する事で改善します。
引き戸錠の取り付け位置の調整の方法はこちら

鍵が原因の場合

鍵が曲がっていたり鍵の溝にゴミが詰まっているのが原因で噛み合わせがずれてしまって鍵が引っかかったり、なかなか回りにくいといった事が起こります。

症状:鍵が回りにくいがスペアキーだとスムーズに回る
対処法
必要なもの:歯ブラシ

鍵の溝に入っているゴミをブラシなどで取り除けば改善するでしょう。

曲がっている鍵などは無理に曲げると、鍵が抜けなくなってしまう恐れもありますので、使用せず、スペアキーを使いましょう

スペアキーがない場合は、合鍵を作成すると良いでしょう。

曲がった鍵から合鍵を作成する方法はこちら

注意!修理でやってはいけない事

鍵穴にクレ556を使う

鍵が回りにくいといって鍵穴にクレ556の様な油成分を入れるのはNGです。

理由は、油が鍵穴内部に残ってしまい、ホコリなどを吸収して、余計に蓄積してしまうからです。入れた直後は正常に使えていても、何ヶ月か経つと鍵が故障してしまう可能性が高いです。

鍵を力づくで回す

強引に鍵を回すと鍵が折れてしまい、折れた鍵の先端が鍵穴に残ってしまうおそれがあります。

折れた鍵を抜く作業が必要となり、もし業者に作業を依頼しても追加で費用がかかってしまうのでやめた方がいいかと思います。

鍵が折れた場合はこちら

錠ケースのフロントプレートを外したままドアを閉める

型番によってはフロントプレートを外すとラッチボルトが固定されなくなり、そのままドアを閉めるとラッチボルトが内部で反転して戻らなくなります。

そうなるとドアを開けれなくなってしまい、下手をすると切断しないと開けれなくなる場合もありますので大変危険です。

修理か交換か?鍵の寿命とは?

日本ロック工業会(JLMA)が設定する

鍵の耐用年数は

一般錠 10年

電気錠 7年

と設定されています。

参照:MIWA LOCK HPより

ただ、鍵を使う頻度や扱い方などで異なりますのであくまでも目安にしていただければと思います。

10年以上お使いになられている鍵は修理をしてもすぐに故障する可能性も高くなり、使い勝手に違和感を感じられるような事があれば、修理ではなく交換をお勧めします

自分で修理できない場合は業者に依頼しよう

緊急を要する場合原因不明で自分で修理ができない場合は、出張鍵屋に依頼するのが良いでしょう。

出張鍵屋は電話一本で依頼ができ、すぐに現地まで駆けつけます。

鍵の修理はもちろん、修理できないような状態でも、鍵を開ける作業や、鍵を交換する作業その場で可能なので手っ取り早く解決できる手段だと思います。

ただし、費用がかかってしまうという事ですね。

自分でメンテナンスするなら費用はほとんどかかりませんが、出張鍵屋に依頼するとなると、下のような料金がかかります。

出張料+作業料+部品代
依頼する鍵屋によって大きく料金が変わるので要注意です。
自分では解決が難しい場合は

回りにくくなった鍵を放置するとどうなる?

「鍵の調子が悪いけど、なんとか開け閉めできるからいいや」とそのまま放っておくと、鍵が開けられなくなる可能性があります。

鍵が完全に壊れてしまうと

・修理や交換が困難になる

・鍵開け作業を業者に依頼しなければならない

・最悪の場合、鍵の破壊や、ドアの破壊が必要になる場合もある

鍵の不具合は故障の前兆です。完全に壊れてしまう前に対処しておくことが重要です!

まとめ

✔️鍵が回りにくい場合や引っかかりを感じたら早急にメンテナンスしておく

✔️不具合の原因は大きく分けて4つ

・ホコリやゴミの蓄積

・潤滑剤の減少

・ドアの建て付け

・鍵の変形や、ゴミの詰まり

✔️掃除機やエアダスターでホコリやゴミはある程度取り除ける

✔️鍵穴には鍵穴専用の潤滑剤を使用する

✔️鍵の寿命は約10年。古くなった鍵は交換がおすすめ

✔️専用の鍵屋なら、修理や交換がその場で即日可能

タイトルとURLをコピーしました