ドアノブ交換!ホームセンターで買って自分で交換!交換手順と選び方

鍵を交換したい

ドアノブ交換!ホームセンターで買って自分で交換!交換手順と選び方

 

自分でドアノブ交換して費用を抑えたい…

ドアノブってどうやって外すの?

どんな工具が必要?

ホームセンターでどの製品を選んだらいいかわからない

ドアノブ交換っていくらかかるの?

ドアノブは自分で交換できます

特殊な技術や工具は必要ありません!

ドライバーセットがあれば十分交換可能です。

DIYで費用をかけたくないという方は参考にしてみて下さい。

30分程度で交換できる手順を写真付きでわかりやすく解説していますので、ほとんどのドアノブの種類は記事を読んでいただけると交換できると思います。

▶︎交換する際の注意点

▶︎不具合が起きないようにする方法

も解説していますので是非参考にして下さい。

手間や時間をかけたくない方は▼

ドアノブの種類と名称

レバーハンドル錠(ケースロック/空錠)

【ケースロック】

主な玄関や、勝手口に使われている、デッドボルトとラッチボルトの両方あるタイプです。

 

【空錠】

主にトイレや、室内のドアに使われている事が多い、ラッチボルトだけのタイプです。

玉座 (インテグラル錠/円筒錠)

【インテグラル錠】

主に玄関や勝手口、に使われている、デッドボルトとラッチボルトが両方あるタイプです。

【円筒錠】

主に古いアパートの玄関や、勝手口、トイレや室内ドアに使われている、ラッチボルトだけのタイプです。

 

プッシュプル錠

主にマンションや新しい建物の玄関に使われています。

 

サムラッチ錠

親指でレバーを下げて開閉するタイプで、古めの建物の玄関に使われています。

交換するドアノブを選ぶ

必要な寸法を測っておく

・ドアの厚さ(ドア下面を測ると正確なドアの厚さです)

・バックセット (戸先からドアノブ中心までの長さです。)

・ビスピッチ(ネジの中心からネジの中心の間の長さです。)

・フロントプレートの高さと幅(ドアの側面の錠ケースのサイズです。)

寸法が違うと取り付けができないのでしっかり測っておきましょう。

ドアノブを購入するならどこがよい?

ホームセンター
メリット

・実物があるのでサイズや寸法がわかりやすい

・店員さんに相談できるので安心して選べる

デメリット

・値段はネットショップより値段が高い場合が多い

ネットショップ
メリット

・ドアノブの種類が多く、費用も安い

・プッシュプル錠、装飾錠といったホームセンターには無いものも扱っている

デメリット

・実物が確認できないので取り付け時に寸法があわないといったトラブルが起きやすい

鍵は防犯上の理由から返品ができない場合がある

出張鍵屋
メリット
・ドアノブの種類も多く、鍵選びから交換作業まで対応してくれる
・電話一本で対応してくれるので手間がかからない
デメリット
・出張料金、作業料金がかかる

ドアノブの交換方法/詳しい交換手順(写真付き)

必要な工具
・ドライバーセット
ネジ外し(必ずしも必要ではない)
・精密ドライバー (必ずしも必要ではない)

レバーハンドル錠

難易度:普通

注意点:丸座のプレートを外す時にドアが傷つかないように注意

1.)レバーを外す
2.)丸座のプレートを外す
3.) 丸座固定板を外す
4.)サムターンを外す
5.)ラッチケースを外す
5.)逆の手順で取り付ける

*

インテグラル錠

難易度:少し難しい

注意点:ラッチボルトが正常に動作するように取り付け位置の調整に注意

1.)ドアの内側の丸座(ローズ)を反時計回りに回して外す
2.)取り付け板をを外す
3.)錠ケースを外す
4.)逆の手順で取り付ける

 

円筒錠

難易度:普通

注意点:古い物だと、錆び付いていて取り外しが困難な場合があります

1.)ドアノブを外す
2.)丸座のプレートを外す
3.)丸座固定版を外す
4.)外側のドアノブを外す
5.)ラッチケースを外す
6.)逆の手順で取り付ける

*

プッシュプル錠

難易度:簡単

注意点:側面にネジがあるタイプはネジが舐めやすいので注意

部品が多いのでどこの部品か覚えておきましょう

1.)内側のドアノブを外す
2.)外側のドアノブを外す
3.)逆の手順で取り付けます

*

シリンダー(鍵穴)の交換方法は、鍵の交換方法と選び方

サムラッチ錠

 

難易度:とても簡単

注意点:取り外しの時は落ちないように手で押さえながら外しましょう

1)内側のネジを外します。
2)ドアノブが外れます。
3.)逆の手順で鍵を取り付けします。

シリンダー(鍵穴)の交換方法は、鍵の交換方法と選び方

ネジ山が潰れてしまった時はどうしたらよいの?

A.ネジ外しを使うと便利です。それでも外れない場合はネジ山をドリルで穴を開けて逆刃のドリルでネジを外します。

ドアノブ交換の時やってはいけない事

寸法をサイズを測らずに適当に鍵を選ぶ

購入した部品が取り付けられない可能性があります。

鍵は返品不可の場合が多く、無駄になってしまいます。

交換作業の途中でドアをしめる

部品が外れている事でドアが開かなくなってしまう場合があります。

最悪ドアを切断しなければならなくなる事態も起こりうるので気をつけましょう。

ネジや、部品の取り付け忘れ

動作確認時は正常に使えていても、時間が経つと後から不具合が発生する可能性があります。

ネジ山を潰してしまう

ネジが固くて外れない場合は、無理に外そうとするとネジ山が潰れてネジが外せなくなります。

前もって、ねじ山救助隊を使って外すのがよいでしょう。

ねじ山救助隊とは

ドアノブの費用目安(種類別)

レバーハンドル錠  3,000円〜  8,000円程度
円筒錠  2,000円〜  7,000円程度
インテグラル錠  3,000円〜20,000円程度
プッシュプル錠50,000円〜70,000円程度
装飾錠10,000円〜80,000円程度

ドアノブ交換を業者に依頼する場合の費用

※あくまでも目安です。

業者に依頼するなら出張料金と作業工賃が余分にかかってしまいます。

ただ、業者に依頼すると、

・手間がかからない

・取り付けできるドアノブを色々提案できる

・故障や余計な費用がかかるリスクが少ない

といったメリットもあります。

依頼する業者によってかかる費用は異なりますので高額な業者には注意です!

無料お見積もりだけでもしてみようという方は▼

まとめ

✔️ドアノブ交換はドライバーセットがあればDIYで交換可能

✔️寸法を測って適切なドアノブを選びましょう

✔️ドアノブを購入するならホームセンターorネットショップ

✔️ドアノブの交換手順は種類によって異なります

✔️交換作業中にドアを閉めるのは大変危険です

✔️業者に依頼する場合は費用はかかるが、安心して交換できる

✔️依頼する業者は慎重に選びましょう
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました